水泳初心者やカナヅチでもクロール泳げるようになれる! 背泳ぎ 泳ぎ方

水泳ヘッダーロゴ

サイトマップ お問い合わせ

水泳メイン画像

  1. トップページ
  2. 泳ぐ基本
  3. 背泳ぎ 泳ぎ方 息継ぎ

背泳ぎ 泳ぎ方 息継ぎ

背泳ぎは顔が常に水面から出ているので呼吸し放題なのでは?と思う方も入るかも知れませんがそうではありません。

適切なタイミングで息継ぎをしないと体が空気が減ることで沈んでしまいます。

 

リカバリーの時に手を水面から出している時は腕の重みで体が沈んでしまいます。

従って、リカバリーの腕を上げる段階で空気を吸い込み、リカバリーの後半で腕が上がりきって徐々に下がる部分で息を吐き出します。

反対の腕も同様のタイミングで息継ぎをします。

 

初心者の方は出来るだけ、空気を肺の中に入れたままにした方が浮きやすいです。

呼吸をし続けるとどうしても肺の空気量が減ってきて、体が沈んで来てしまいます。

背泳ぎ 軸がずれてしまう方

頭に力を入れすぎて真っ直ぐ進めない方は、おでこに置物を置いたり、アゴにボールを挟んで動かないようにして下さい。

目線が気になって頭を動かしてしまうと、バランスが崩れてしまい真っ直ぐ進めません。

平泳ぎ ローリングが傾きすぎ?

背泳ぎのローリングはクロールよりも体を傾けますが、傾きすぎると水の抵抗が強くなりますので、適度な傾きでローリングしなければいけません。

 

平泳ぎ キックとストロークのバランスが悪いかも?

左右の手がストロークするまでに、キックは左右合計で6回行います。

片手の一回ストロークで三回キックしているかどうかをしっかりと確認をして下さい。

ストロークに意識を集中しているとキックが疎かになります。

両方リズムよく動かさないと推進力が生まれず進みません。