水泳初心者やカナヅチでもクロール泳げるようになれる! ストリームライン

水泳ヘッダーロゴ

サイトマップ お問い合わせ

水泳メイン画像

  1. トップページ
  2. 水泳の基本
  3. ストリームライン

水泳の基本姿勢ストリームライン

水泳の中では基本的な姿勢なのでしっかりと覚えましょう!

本サイトでも使うことがあります。

ストリームライン

水中でもっとも抵抗を受けない形です。

正しい姿勢を取れないと、前に進みにくくなるのでしっかりとマスターしましょう!

頭の上に両手を伸ばして指先を真っ直ぐに揃え、体と水面が水平になるような姿勢を流線型と言います。

ポイントは、プールの底を見たまま体を真っ直ぐにすることです。

肘・肩・腰・膝などを曲げては推進力が無くなってしまいます。

体を一直線で真っ直ぐにすることで水の抵抗を弱め推進力が失わないようにしましょう!

また、肺が浮袋の代わりをしてくれているので、この体制で体に力を入れなければ体はちゃんと浮くように出来ています。

まずは、無駄な力を抜きリラックスした状態で体制を維持できるようにしましょう!

 

スクリームラインが出来ていないと、推進力が出にくい為水の中をスムーズに移動出来ません。

移動出来ないので、泳げない理由にも繋がってきます。

まずはしっかりと体制を覚え、基本から学んでいきましょう!

 

動画の最初はキレイなフォームで進んでいますが、二回目のフォームでは、頭が前を向き、腰が曲がっていたりと、水の抵抗を受けていることがわかります。

水泳では、頭や腰などを曲げず真っ直ぐにすることが大切です。

練習方法

鏡で自分の姿の確認や経験者がいる場合は、姿勢を見てもらいましょう。

体を曲げず、真っ直ぐにするのが基本です。

指先から足の指に至るまで直線をイメージして下さい。

肩幅も出来るだけ狭めて腕で頭を挟むイメージ。

手を上げて手のひら同士を頭の上で重ねます。

進む方向に対して直線で無いと水の抵抗を受けてしまいます。